なぜ仮想通貨で損が発生した時は損切りすべきか

仮想通貨には、リスクはあります。株のように金融取引で活用する通貨ですし、決してノーリスクの商品ではありません。仮想通貨の業者も、リスクがあるという点は明記しています。どうやってリスク対策を施せば良いかというと、損切りが一番おすすめです。

予想に反する動きが生じたら損切りする

仮想通貨は、常にレートは変動しています。株価と同じく、状況に応じて動いているのです。
例えばある時の仮想通貨のレートは、4,000円になっていたとします。今後はその仮想通貨の価格は上昇すると考えて、4,000円の時に買い注文しました。
ところが予想に反して、3,800円台になってしまいました。そのまま放置していると、3,600円に下がる可能性もある状況だとします。
その場合、早めに損切りする方が良いと言われています。損失対策は色々ありますが、淡々と損切りするメリットは大きいからです。

両建てなどの方法のデメリット

上記のように仮想通貨が下がってきた時は、両建てという方法も一応あります。あえて新しい売りポジションを作って、下がった時でも利益が生じる状態にする訳です。
売りポジションであれば、たとえ仮想通貨が3,600円になった時でも、確かに利益は生じるでしょう。4,000円の買いポジションだけを持っているよりは、リスクを低く抑えることはできます。
しかし、取引できる枚数が限定されてしまうデメリットがあります。両建てにするという事は、複数枚のポジションを持つことになるでしょう。という事は、動かせる枚数も減ってしまうのです。大きなお金を動かせなくなってしまいますから、あまりおすすめできません。
その他にも、しばらく放置してみるやり方もあります。確かに3,600円にまで下がる可能性はありますが、また4,000円に戻る可能性もあるでしょう。それに期待して、あえて放置している方も多いです。しかし、もちろん戻る保証はありません。

損切りする方が良い理由

それよりも、淡々と損切りするのがおすすめです。確かに損切りしますと、損失は確定します。しかし両建てなどの方法と違って、動かせる金額が減ってしまう訳ではありません。
また早めに損切りしておけば、損失が拡大するのを防げるメリットは大きいです。3,400円や3,200円などに下がってしまえば、それこそ大損失になり得るでしょう。
FXや株などで取引している方も、よく損切りしています。一旦は損失を確定させる方が、最終的にはプラスになる事を知っているからです。目先の損失にはこだわらず、早めに損切りしてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする